自転車通勤 靴

自転車通勤に適した靴とは?

自転車通勤を行うときには、着用する服装によっても変わってきますが
ベダルを漕ぎやすいような靴を選ぶのが良いです。

 

服装も本格的なサイクルウェアだったり、カジュアルで動きやすい私服であったり、
ビジネススーツだったりと様々ですが、
なるべくオフィス用とは分けて履き替えられればベストです。

 

一番一般的なのはスニーカーなどの運動靴。

 

ランニングシューズのような軽くて動きやすい靴を利用すると良いでしょう。

 

雨の日などでも濡れにくいように防水加工がされたものや、
ナイロン製のものであればどんな天候でも対応できます。

 

雨の日のことを考えると、靴底に凹凸が少ないデザインは滑りやすいので、
靴底がのっぺりしたものではなく、溝があって滑りにくく
フィットして脱げにくいものを選びましょう。

 

サンダルなど踵が出ているデザインは脱げやすいので避けるようにしましょう。

 

また、春や夏はメッシュ地などの通気性の良いものが機能的ですし、
冬は寒いので底が厚めで防寒対策がされている靴なら
温かく快適に過ごせます。

 

もし、本格的にペダルをこぐならば、ビンディングペダルと呼ばれる、
足裏にペダルがカチっとはめ込むことができるペダルに交換するという方法もあります。

 

その場合は普通のペダルではなく、
自転車をこぐことに特化したペダルなので、
足が滑ることなく快適に速く走行することが出来ます。

 

ただ、ここまで本格的に自転車用品を取りそろえなくてもいいでしょう。

 

一般的にはスニーカーなどで通勤し、
会社についてオフィス用の靴に履き替えるのがスマートで便利だと思います。