自転車通勤 距離

自転車通勤の距離の目安

自転車通勤したいと思うなら、どのくらいの距離までなら
自転車で行けるかを調べてみることが大切です。

 

自転車通勤は経済的な上に健康的なので、
近年注目を集めている通勤手段です。

 

都市部など、信号や交差点などが多い場所を通るならば、
自転車のほうが早く会社に着くこともあり得ます。

 

満員電車で通勤するストレスを考えると、
自転車通勤のほうが爽やかで快適だと思う人も多いことと思います。

 

まず、自転車の種類による走行距離と時間ですが、
スポーツタイプの自転車ならば30分で約8km〜12kmほど進むと言われています。

 

いわゆるママチャリと呼ばれる一般の自転車ならば、
30分で約6km〜8kmくらいでしょう。

 

こぐ人のスピードによって個人差はあると思いますが、
おおよそこのくらいの時間がかかります。

 

次に通勤にどのくらいの時間がかけられるか、という問題になります。

 

自転車通勤は近距離なら良いですが、
距離が長いとやはりこぐ時間もかかってしまいます。

 

あまり長い距離だと逆に疲労が溜まったり、時間がかかりすぎて
遅刻する原因になりますので、距離と時間のバランスを取りましょう。

 

自転車通勤に詳しい人の本では、自転車通勤に適した距離は15kmくらいまでで、
長くても20kmくらいまでが限界ではないかと言われていました。

 

いざ、自転車通勤を始めるとして、自宅から会社までの距離がどのくらいか
正確に知らない人も多いのではないでしょうか?

 

実際に自転車で家から会社までの通勤距離を走ってみるのも良いですが、
最近は距離を調べてくれるサイトもあります。

 

このサイトは家の場所と会社の場所を入力すると、
おおよその通勤距離や時間を計算してくれるので便利です。

 

考慮すべきなのは朝のラッシュ時間の交通量や混雑具合、信号の数などです。

 

なかなか開かない踏切があったり、坂道があったりすると
同じ距離でも所要時間にかなりの時間差が出来ます。

 

失敗しないためにも、一度は同じ時間帯で試走してみるのが良いでしょう。