自転車通勤 労災

自転車通勤は労災の適用になるか?

自転車通勤は健康的でダイエットにもなるので、
電車や車通勤から変更する人も増えていますが、
そうした人をツーキニストと呼び、社会的にも徐々に浸透しつつあります。

 

ただ、自転車通勤をしたいと思っても、通勤途中で何か事故やケガにあった場合、
どのような補償があるのか、労災の認定は降りるのかなど
が気になるのではないでしょうか。

 

自転車はラッシュ時の渋滞に足止めされることなく、
スムーズに通勤できるので人気が上昇しています。

 

自分のペースで早くも遅くも時間を調節できるので快適ですが、
身軽ゆえに接触やスリップなどによる転倒のリスクも多いです。

 

自転車通勤の途中で起こった怪我などは、
通勤災害という労災が適用されることになっています。

 

これは通勤手段が何であれ、住居と就業場所の間を合理的な経路で
往復しているのであれば通勤災害として認められます。

 

交通ルールに則って、自宅と会社の移動中に
問題が起こった場合は通勤災害の労災となるでしょう。

 

ただ、通勤途中や帰り道で関係ない場所に寄り道したり、
通勤経路として良くない場所を走行していた場合に
起こった怪我や事故の場合は認定されません。

 

また、車や電車などの別の通勤手段で通勤していると申告しているのに、
自転車通勤をしていた場合などは、申告を偽っていたとして、
労災認定されない場合もあるので注意しましょう。

 

通勤途中であれば労災として補償されますが、
より安全を求めるならば各自で自転車保険に加入しておけば、
不測の事態に陥っても2重の保証となるので安心です。

 

自転車は被害者になるだけでなく加害者になる可能性もあるので、
十分に注意しておきましょう。